いいかげんな日常~おおざっぱなヤツ~
おおざっぱな人間が書くいいかげんな日記です^^;
プロフィール

ゆかぱぱ。

Author:ゆかぱぱ。
いいかげんなヤツであります^^;


最新記事


最新コメント


カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示


QRコード

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


検索フォーム


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤審
2010 FIFAワールドカップ も決勝トーナメントに突入し、がぜん盛り上がってきました!


が、一方で 審判による誤審 が問題になっています。

ドイツVSイングランドの因縁の対決?でイングランドのランバ-ドが放ったシュートがポストに当たり、ゴールしたシーンで主審はノーゴールの判定・・・
両国の因縁の発端となった44年前のゴールシーンと似たようなゴール!
44年前はゴールか?ノーゴールか?かなり微妙でしたが、今回は明らかなゴール・・・
(しかし判定は覆らず・・・)
本来ならイングランドが2-2の同点に追いついたシーンでしたが、誤審によりドイツの2-1のまま・・・
ゴールと認められていれば、その後の試合展開も大きく変わったかも知れません^^;


アルゼンチンVSチリでもアルゼンチンの先制ゴールがオフサイドによるものでしたが、オフサイドが見過ごされ・・・
チリ選手の抗議も受け入れられず、当然判定は覆りませんでした。

審判の誤審は何もサッカーに限ったことではないですが(野球でもテニスでも柔道でもなんでも)『審判の威厳を守る』ということで、判定はほぼ100%覆りませんよね・・・

しかし今日になってFIFA会長が審判の誤審を認め謝罪をし、ビデオ判定導入も含め、新技術の導入を検討するとかしないとか?

審判の威厳というのも分からないではないですが、だったら後から謝罪なんてすべきではない!
野球・サッカー・テニス等、ビデオ判定を導入すべき時代になったのではないでしょうか?
誤審により、負けた相手(人)はたまったものではないですから・・・


もちろんビデオ判定なんて導入すべきではない!という方が多々いることも承知しております。




さて、いよいよ 日本VSパラグアイ ですね!

ワンパターンで恐縮ですが
がんばれニッポン! 
がんばれ サムライブルー!!


1-0もしくは2-1で勝つと予想します!






スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。